便秘解消に下剤を使い続けると依存症になる!便が出ない真実は?

便秘 下剤

 

便秘!

 

放っておくとお肌にとっても、ポッコリお腹に代表されるように、自慢の体型にも影響が及んできます。

 

そんなことになると、とりわけ女性にとっては一大事の深刻な状況となるわけですね。

 

ただの便秘、たかが便秘、と、侮ってはいけません。

 

するりと出るべき“便”が、お腹の中でまさかの大渋滞!

 

さあ、知っておきましょう!便が出ない真実を・・・。

 

 

便秘解消に欠かせない食物繊維について

 

便秘解消 食物繊維

 

 

食事の際に、食物繊維をしっかりと摂り込むということが、便秘解消の大きな手助けになることはご存知だと思います。

 

食物繊維には二通りあって、『不溶性食物繊維』『水溶性食物繊維』があります。

 

『不溶性食物繊維』は、腸内の水分などを吸着して膨らみ、便の“かさ”を増して排便を促すことで、よく知られていますが、

 

もう一つの『水溶性食物繊維』は、粘度が高く便の水分量を増やして軟らかくする働きがあるとされています。

 

このどちらも大切なのですが、理想的割合は、不溶性7 :水溶性3 の割合が理想的だといわれています。

 

しかし、不溶性を摂りすぎると逆に、腸に負担がかかりすぎ、便秘の悪化につながるといわれています。

 

 

ところで、便の80%が水分であること知っていましたか?

 

残りの20%は、食べかす、腸内殺菌、はがれた腸粘膜が3分の1 ずつを占めているそうなんです。

 

 

便秘により便が出ないことで大腸に便がとどまってしまうと、水分が吸収されてしまい、固いころころとした便になってしまいます。

 

そうなんです、便秘解消には、水溶性の食物繊維摂取も大事であることがお解りいただけると思います。

 

食物繊維を充分に体内に取り込むことこそが、便秘解消のメインの手助けになるという事なんですね。。。

 

 

毎日出ていても不快感があれば立派な便秘

 

便秘解消 食物繊維

 

 

便秘と言うのは、心地良くお通じが出来ない状態のことを言います。

 

つまり、快適な排便ができない状態のことなんです。

 

仮に毎日便が出ていたとしても、量が少なくコロコロしていたり、残便感が残り、排便できずにお腹に張りや痛みがあるなどの、不快感がある症状を『便秘』といいます。

 

 

「毎日出ていても便秘???、なら、2~3日でなくても便秘じゃないってことなの?」

 

そうなんです。2~3日お通じがなくてもいいんです。不快感さえなければ!!!

 

人によっては毎日スッキリある人と、毎日あるけど不完全燃焼している感じの人もいます。要は不快感とスッキリ感…の違いなんです。

 

快便=1日1回以上、バナナ型の便がスムーズに出る状態!これが目安と思ってください。

 

 

便秘になると起こるもの・肌荒れのリスク

 

便秘になると肌荒れのリスクが高まります。

 

このサイトのホームでも述べているように、綺麗な女性の肌にニキビが・・・

 

彼女曰く「う〇こが出ないもん」。。。

 

大腸には、水分を吸収する働きのほかに、吸収した栄養素を血流にのせて全身に送り込む働きがあります。ところが、便秘で大腸に長時間便が残っていると、腸内で腐敗が進んで悪玉菌が増え、アンモニアなどの有害物質が発生。この有害物質が腸で排出しきれなくなると、栄養素と一緒に血液中に取り込まれてしまい、皮膚のターンオーバーを妨げる原因に。その結果、さまざまな肌の不調が現れてしまうのです
引用元:Daily MORE「便秘にまつわる「10の真実」!!」……『西新宿きさらぎクリニック』福澤麻理先生。

 

ダイエットにも関係する便秘!

 

便秘が原因となって生じてくるアンモニアはたまた硫化水素などといった有害な成分は、肌荒れだけに限らず、ダイエットにとっても影響がもたらされると考えられるようです。

本来なら、肝臓で栄養素の代謝や吸収をする際に使用されるはずのエネルギーが、血液中の有害物質を取り除くことに浪費されてしまうため、体の基礎代謝が低下します。それが肥満やむくみの一因となり、結果としてやせにくい体質になってしまうのです。つまり、便秘を解消すればエネルギー代謝が高まり、やせやすい体になるということ。女性にとって便秘は、まさに美容の大敵といえます
引用元:同上

 

 

便秘になると悪いガスが発生!

 

腸にはガスが充満?していることはご存知ですよね。

 

このガスには2種類存在しているんです。それは、「口から入るガス」と「腸内で発生するガス」の2種類。これらのガスは血液中に吸収されたり、おならもしくはげっぷという形で出たりしますが、成人は1 日平均2~3?ものガスを排出すると言われているんです。

便秘になるとお腹が張るのは、腸内細菌のバランスが崩れることで悪いガスが発生し、通常よりも相対的にガスの量が増えてしまうから。便秘でガスが出なくなっているわけではありません。また、悪いガスや有害物質がたまりすぎると体は排出しようとするため、血液に取り込まれて体臭や口臭となってしまうこともあるので要注意です
引用元:同上

 

 

便秘と言えど、下剤に頼るのは厳禁!怖い依存症!

 

便秘解消 食物繊維

 

 

どうしてもつらい便秘・・・

 

この辛さから逃れようと下剤を用いた経験がある方も大勢いるはずです。

 

どうしてもつらい時だけ使用するなら大したことないと思うんですが、下剤は、腸を刺激して排便を促すんです。

 

腸を刺激する下剤を日常的に服用していると、腸が強い刺激になれてきます。

 

すると、自力で働く力が弱まり、その影響を受けて、当然のことながら通常の規定量では反応し無くなり、摂取量がどんどん増え、それによって“薬を服用しないと出て来ない”と思い込むなどという、ある種の依存症を引き起こしてしまいます。

 

それを避けるためには、生活習慣を見直し、薬を飲むなら依存症のない整腸剤で腸内環境を整えるべきです。

 

こんなサプリ使用も効果的ですよ!

まとめ

 

朝忙しくついトイレに行くのをおろそかにしてしまう方もいると思います。

 

そんな方って職場で用を足すのも我慢するんじゃないですか?

 

それも便秘につながるんです。

 

そんな方は、5分早起きし、水や朝食など何か口に入れてから、便意がなくてもトイレへ入るクセをつけると、脳や体が排出リズムを覚えるので少しずつ朝に便意が起きるようになるそうですよ。

 

「下剤を使い続けると依存症に……」という事実、しっかりと受け止めておきましょう!

 

 

comment closed

Profile

便がでない 便秘

便秘な人お助けマン:Kazuki
プロフィール

最近の投稿
善玉菌のチカラ
生きて腸に届く「腸活の素」
FAAP