毎日出ないから便秘、毎日出ていても便秘、どういう事?

便がでない,便秘,腸活

 

今日、お通じありましたか?

 

女性の方がなる場合が多い、女性にとっては大敵?と思われている「便秘」ですよね。

 

現実には身近な悩みであるというにもかかわらず、そう簡単には解決しないまま日々を送っている方も少なくないと想定されます。

 

身も心もスッキリするためにも、便秘についてしっかりと認識し、安心できる健やかな体を築いていきましょう。

 

 

 

 

毎日出ないから便秘???ではないんです!

 

毎日出ないから便秘と決めつけてはいけないんです。

 

大事なのは頻度ではなく、出た後のすっきり感です。

 

日々お通じがなければ、自分は便秘ぎみ......と捉える方も少なくないみたいですが、本当のところそれに関しましては不正確な見解とのことです。

 

それを裏付けるこちらの記事をご覧ください。

 

すっきり出ないことが便秘です。その状態が進み、治療が必要になったものを便秘症と呼んでいます。排便が2~3日に1回でも、すっきり出ていれば便秘ではなく、逆に毎日出ていても、苦痛や残便感がある、時間がかかるようなら便秘だと言えます

 

 

 

あなたは便秘改善の対策としてはなにが思いつきますか。

 

常々人々の間では、便秘改善に向けて「食物繊維をたっぷり摂取すると好ましい」という言い習わしを耳にします。あなたもそういった観念あるのではないでしょうか。ところが、これに関しては実際には効果的とは言えないとのことですよ。

 

そもそも、食物繊維を摂取すると改善する例は多くあります。だからと言って、食物繊維が不足しているから便秘になると言い切れるものではないとのことです。

 

 

「毎日出ないから便秘」「毎日出ていても便秘」どういう事?

 

 

 

大腸が動く、脳が認識する、直腸が真っ直ぐになる、肛門がゆるむ。これらがすべて正常に機能して、スムーズな排便が行われるのです。食物繊維は便のかさを増やしたり、柔らかくする効果がありますが、例えばそれで排出に適した状態になったとしても、肛門がゆるまなければそれだけで排便が困難になると言えます

 

 

上の記事にもあるように、排便とは、直腸から肛門にかけて体のさまざまな機能がすべて正常に働いたことによって可能となるようです。

 

そのため、便の状態がよくても、体の機能に問題があると結局便秘に陥ってしまうという事なんです。

 

 

排便が困難になるとされるのは高齢者の方に多いんですが、しかし、若いからと言って安心は禁物です。現代は若い人だとしても起こりうる症状と言われていますよ。

 

大切なことは、便秘を「性質だから諦めるほかない」「とっくに慣れっこ」などと楽観視せずに、上手く向き合って改善を目指してライフスタイルをコントロールすることが大事になるようです。

 

便秘でお悩みのあなたにお勧めします。

 

 

>>>生きて腸に届く美味しいタブレット「腸活の素」

 

 

 

さつま芋で便秘解消

 

 

食物繊維、ビタミンCを多く含むさつま芋で、便秘解消!

 

 

さつま芋で便秘解消

 

 

油を使わない大学芋の作り方

 

さつまいもはスティック状に切り、レンジで3分チン。

 

鍋に砂糖を入れ水をほんの少し加えに詰める。カラメルを作るように。(水を入れすぎると✖)

 

ブクブク泡立ち始めたら先の芋を加え絡める。黒ごまをかけて完成。

 

 

引用記事・太陽笑顔fufufuより引用

 

 

comment closed

Profile

便がでない 便秘

便秘な人お助けマン:Kazuki
プロフィール

最近の投稿
善玉菌のチカラ
生きて腸に届く「腸活の素」
FAAP