便秘解消!マクロビオティックで体と心をデトックス

wuzefe / Pixabay

マクロビオティック (Macrobiotic) は、従来の食養に、桜沢如一による陰陽の理論を交えた食事法ないし思想である。 長寿法を意味する。 玄米、全粒粉を主食とし、主に豆類、野菜、海草類、塩から組み立てられた食事である。 身土不二、陰陽調和、一物全体といった独自の哲学を持つ。
Wikipedia


 

 

マクロビオティックといったワード、小耳に挟んだ事あるかもしれないですね?

 

日本で作り出された捉え方なのですが、食事の摂り方の行為、とお考えの人が多いかもしれないですが、 正確に言うとこちら、飲食方法のみを意味する言い方ではないのです。

 

「早く寝て早く起きる」もしくはエクササイズをすること、息抜きをする所作、陰陽の調和性を目指し続けながら日常的にを活き活きと毎日を過ごすということも加味した、日常スタイルトータルの提案というものです。

 

食の基本は一物全体・丸ごと食べる!

 

その中においても食の基本にあるのは、想像以上にシンプルなんです。

 

各地でで収穫したのを、野菜の皮などをむかずに全てそのまんま、これを、一物全体というんですが、身体をあたためるものと冷ます類の割合を確保し続けながら口にするというという内容なんです。

 

「食治療法」と言われることもあることからもわかるように、続けていくことによって身体上の不具合が改善したり、病が快方に向かったというような事例も報告されているくらい、からだの好転効果を見込めます。

 

 

 

jeonsango / Pixabay

 

 

デトックス効果の高いレシピ紹介!

 

マクロビオティックでは食材の王道と言われ重宝されているのに、小豆と昆布があります。

そこでここではこの二つの食材を使用し、腎臓や腸に働きかけると言われているレシピを紹介しているサイトを見つけましたのでここで紹介しておきます。
(以下,引用掲載)

 

マクロビオティックで使用する食材の王道である、小豆と昆布を使った煮物を紹介。この組み合わせで、腎臓や腸へ働きかけ、デトックス効果が期待できます。実際に、この小豆昆布を取り入れて、糖尿病を治した人もいるとか(もちろん、食べすぎは駄目です)!小豆は便秘解消に効果てきめん。利水(排水)、解毒作用があり、むくみ解消にも有効です。女性ならではの悩みに対しても、味方になってくれる一品です。

 

作り方は簡単、鍋に小豆、昆布を入れ(適量)、煮立てる。煮立ったらさし水をしながら柔らかくなるまで煮込む。次に塩を加え味を整え、水分がなくなるまで煮上げる。好みで砂糖を加え寒天で羊羹風にするも良し。

 

バランスが取れた食材の味を生かした塩のみで戴く、深い味わいを楽しみたい一品です。
引用元、ニコニコニュース。

turbo99kjt / Pixabay

 
「腸活の素」トリプルフローラタブレット

comment closed

Profile

便がでない 便秘

便秘な人お助けマン:Kazuki
プロフィール

最近の投稿
善玉菌のチカラ
生きて腸に届く「腸活の素」
FAAP