『1日1分で人生が変わる おなかもみ上げ』

1日1分で人生が変わる おなかもみ上げ

 

 

腰痛も便秘も、おなかをゆる~くもむだけで一気に解消できる!

 

と、今話題の本『1日1分で人生が変わる おなかもみ上げ』ご存知でしたか?

 

・「重だるい感じ」の首こり、肩こり、腰痛がいつもある

 

・昔より太りやすく、痩せにくくなった。または、すでにメタボに近い

 

・おなかが張りやすい・便秘気味である・むくみがひどい

 

こんな症状に当てはまる人は、内臓が疲れている可能性が高い。

 

そう指摘するのが『1日1分で人生が変わる おなかもみ上げ』(永井 峻/自由国民社)だ。

 

 

私がこの本をここで取り上げることにしたのは、まさに、便秘がおなかをもむだけで一気に解消できるという言葉が気になったからです。

 

 

便の出にくい人は、下腹を軽く抑えて、その状態で息を吐きながら、前かがみになりながら下腹を刺激すると、便が出やすくなる体操があると知っていたから、それと関係してるのかなと思ったので、ぜひ詳しくここで取り上げ紹介してみたいと思ったからなんです。

 

ここでは、『1日1分で人生が変わる おなかもみ上げ』を取り上げ紹介している

 

「ダ・ビンチニュース 読みたい本がここにある」記事を参考に、引用掲載していきます。

 

そして、便秘で悩まれている方の少しでも助けになれればと思っております。

 

尚、詳しく掲載されている上記サイトがこちらになります。

 

 

内臓の疲れはどうすれば解消できるのか?

 

 

内臓の疲れを解消するのは、『1日1分で人生が変わる おなかもみ上げ』との題名にもあるように、お腹のもみあげを行うことで叶うんだといいます。

 

この本の著者である、永井峻氏によると、

 

 
肩こりもしくは腰痛、疲れが出て多かれ少なかれ蓄積されたという理由からマッサージや整体を受けに来る人が大勢見受けられるが、如何せんマッサージや整体が効く人と効かない人がいる。マッサージなどの処置が効かない人が効くようになるには条件があって、それが、・姿勢が良い ・体液=血行、リンパなどの巡りが良い ・疲れの出口=リンパ節が開いている ・おなかが柔らかい=内臓の状態が良い ・睡眠の質が確保できている

 

この5つの要素が満たされていれば疲れなどの症状は改善され再発もなくなるという。

 

 

これらの条件をクリアするために本書がすすめるのが「おなかもみ上げ」だ。

 

両手の指先でおなかをもみ上げ、おなかをさすったり、内臓を軽く揺するような刺激を与えることで、鎮痛・鎮静作用がもたらされ、血流やリンパの流れを改善してくれる。

 

その結果、姿勢と体液のめぐりが良くなり、疲労回復がスムーズになり、内臓も復調し、睡眠の質も上がっていく

 

 

 

 

 

 

超簡単で効果的な「おなかもみ上げ」の方法

 

 

「おなかもみ上げ」は難しくなくて、手間をかけることなくできるというのが究極のポイントなのです。

 

仰向けになっていようとも、腰を下ろしていようともほぼ同じ感じに行うことが可能で、時間も1~2分あったならば充分です。

 

 

おなかもみ上げ

 

 

もみ上げ時の体勢

 

椅子に座った状態、または仰向けで両膝を立てた状態(股関節が折りたたまれて、おなかが緩んでいることがポイント)

 

 

もみ上げの順序

 

【1】おなか全体を手でさすっていく

 

【2】おなかの8エリアをポン、ポンともみ上げていく(重ねた両手の指で、押し上げる)

 

【3】おなか全体を、円を描くように10回転手でさする(おなかに向かって時計回りに)

 

 

この方法はとてもシンプルで、とても覚えやすいから誰でも簡単にできると思います。

 

おなかもみ上げのやり方を、図解入りで詳しくお知りになりたい方は

 

「ダ・ビンチニュース 読みたい本がここにある」サイトにアクセスするか、

 

本書を購入され、取り組まれることをお勧めします。

 

 

 

 

 

「そんなに簡単な方法で本当に効くの?」と思う方もいるかもしれませんが、その心配は必要なさそうですよ。。。

 

 

 

まとめ

 

 

この「おなかもみ上げ」を行った便秘気味の方は、その効果は翌朝から表れ、確実にいまも続いているそうですよ。取り組んでみる価値ありそうですよね・・・便秘でお悩みの方は。。。

 

 

ちなみにこの書籍、「おなかもみ上げ」だけでなく、他にも、

 

「巡りスイッチを入れる、ふくらはぎエレベータ?」

 

「体幹&美容スイッチを入れる、膝立てパタパタ」

 

「痩せるスイッチを入れる、おなかくびれツイスト」・・・

 

の3つの簡単な体操も紹介されています。

 

肩こり、はたまた腰痛、むくみ、もしくはデブり傾向、などというような、そんな簡単には解消しない苦悩の持ち主である人には、是非とも取り組まれて見られたら如何でしょうか。。。

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

Profile

便がでない 便秘

便秘な人お助けマン:Kazuki
プロフィール

最近の投稿
善玉菌のチカラ
生きて腸に届く「腸活の素」
FAAP